まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【岡山観光】裏金山クライム、岡山中央卸市場ライド

まいねが度々トレーニングのために訪れる、岡山の中では比較的標高高めの金山(かなやま)。
金山の登り方には2種類ありまして、山の南東側の備前原方面から登る表ルート、そして
山の北西側の免許センター方面から登る裏ルートです。
岡山自転車乗りの間でも
「裏金山を足着きなしで登れたら、まぁ一人前じゃな」
と言われるヒルクラスポットでして、この度挑戦してみました。

宜しければこちらもどうぞ
今回のライドの地図(Strava)



コース概要
岡山街道、辛香峠を経て金山を裏側から登り、表側から下ってそのまま南下、
岡山中央卸市場に行ってご褒美の海鮮をいただくライド!

この日の朝の気温は5度くらい。走っていればまぁ何とか耐えられるかな、ってな寒さ。
辛香峠も調子に乗ると地味に辛い登りなので、脚を使いすぎないのと汗冷えしないために
スローペースで進みます。
…まぁ、普段表側から登ったときの下りで感じる斜度と、
周囲の自転車乗りから聞く情報で、必要以上にビビっていたのも否めませんがw

<入口にとうちゃこ!>

写真を撮り、
(っしゃぁ!)
と心の中で気合を入れて…インナーローで登坂開始。初めてだから仕方ないね(;´∀`)

写真の、見えてる範囲の斜度は大したことないですが、その先の左カーブに入ったあたりから
ウェルカム10%が待ち構えており
「ンフっ」
と、変な笑いが出ますw
そこからは、緩いところでも斜度10%以下に落ちない、13~15%の区間がしばらく続きます。
カーブのインとか突いたら、20%近くになるかもしれませんね・・・(;´Д`)
今回は”とにかく足着きせず登りきる”ことが目的なので、
インナーロー固定+道を蛇行しながら進む(距離は伸びるが、斜度が落ちる)
弱虫省エネ走法により、ゆ~っくりと進みます。
…とはいえ、やはりキツいものはキツく、酸素の行きわたらない頭の中で、
『まいね老子が、自転車で山を登るというのはどういうことかを若者たちに諭す』
という、謎すぎる妄想をしていました(*´ω`*)<貧脚風情が片腹痛ぇ

斜度がキツい区間は2Kmほどで終わり、山の上の集落辺りに入ると
10%に満たない区間が続きます。ぶっちゃけ、10%代中盤を走ってきた後では、
6%なんて平坦に感じます(調子に乗ってアウターにすると、一瞬で脚が死ぬけど)w

金山の景色、金甲山なんかと比べると地味で面白くないなぁ…とか思ってたんですが、
裏から登ってみたら(あれ、意外と味わい深いかも?)と思うようになりました。
晴天補正もあるかもしれませんが、こんな山の中でも確かに人々が暮らすその様子が、
すごく活き活きして見えたような気がします。

<今回はあんまり写真撮れませんでしたけどね(汗)>



集落の出口辺りは下りになっていて、ひゃっほーぅと進んでいると、
木で道の先の視界をふさがれたカーブの先が急に13%の登りになっているので、
視線が若干下向きになっていることも相まって壁に見えますw
ここから少しの登り返し区間があり・・・

<よっしゃクリア!!>

エグいほど遅い登坂でしたが(w)、とにかく足着きなしクリア達成!
#裏金山のTT区間タイムは32分以上。速い人は半分くらいで登ってきます…どうなってんの?

汗だくの身体を冷やさないようウィンドブレーカーを着込み、早速ダウンヒルです。

裏側から下るときは前転しそうな斜度の恐怖がありますが、
表側から下るときは道端に落ち葉が多いことと、つづら折りカーブの半径が小さく、
かなりしっかりスピードを落とさないと
(曲がり切れないっ!)
というヒヤリが多い感じです(。-`ω-)<安全第一やで~

それから…これまではもしやと思っていたけど、この日確信しました。
ミンちゃん(GARMIN)、引いたルートと違う道にナビすることが度々ある。
目的地を指定して、ルートを計算してもらったときに間違ったなら分かるんだけど、
自分で(わざわざ)ルート引いて入れたときは、何も考えずにそれを表示してほしいな…

…あ、でも、金山って心霊スポットとしても有名だから、やっぱ”呼ばれて”んのかな。

<迷わされた挙句にチェーン落ちの図>

ゾゾゾーッ(;O;)
因みにチェーン落ちは3分もかからずに修理完了しましたw

海鮮がまいねを待ってる!さぁ急ぐぞ!!

<はい、とうちゃこ>

いや~、楽しみですね。お寿司、海鮮丼、焼き魚に煮魚、
それともワ・タ・シ☆(うぜぇテンション)

駐輪場に自転車を停め、意気揚々と市場の中の食べ歩きスポット、ふくふく通りへ!

<あれ?>


<おぉ?>


<んん~っ!?>


・・・え~と、ふくふく通り内の大名庵さんというお店の店先に、
まいねの心境にピッタリのものがあったので代弁してもらいますね。

<激おこだょ!!(芦田愛菜のモノマネをする、やしろ優の声で)>


因みに”一部店舗を除いて”とありますが、果物屋さんが一軒開いているだけでした(汗)。

…まぁ、ないものをねだってもしょうがない。
裏金山制覇できたし、強がりじゃなく満足感も味わったから、大人しく帰ろう!

<!?>

<!!>

拍手[3回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[06/13 まいね]
[06/13 dsk]
[06/07 まいね]
[06/07 三つ葉のクローバー]
[06/06 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。