まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【岡山観光】秋をとりもどせ!!

何だか今年は、急に寒くなりましたね。
まるで、秋がなかったみたい。
・・・だったら、取り戻してやろうじゃないの!

本日はそんなコンセプト(別名”思い付き”)で遊んでみることにしました。内容としては、
 スポーツの秋:金山ヒルクライム
 芸術の秋:田村文宏のうつわ展『roots』

…完全に変態スケジュールですが、熱い心鎖でつないでも今は無駄だよ♪~(´o`人)



【金山ヒルクライム】
金山は、岡山ローディーの中で「結構キツい」と噂のヒルクライムスポット。
何もこんな寒い日にヒルクライムすることはないんですが(w)、
最近心も身体もたるみがちだったので、
興味半分、マゾ心半分(!)で挑んでみることにしました。

コースとしては、半田山植物園を抜け、笠井山~金山を6Kmくらい登りっぱなし(!!)
という道程になります。

<地獄の一丁目一番地>


始まってすぐの分岐点辺り。既に来たことを後悔し始める。。

味のある看板を撮影…するフリをして小休止w

<この斜度にはマジ笑ったw>

…でも、よく見るとそこを登らなくても別の道が続いており、ホッとしました(/ω\)

<ゴール…だったら良かったのに(絶望)>

まだ道程の半分にも到達していません。。

この写真を撮影しているあたりで、先輩(多分)ローディの方がゆっくりと
通り過ぎていきました。

<オハヨーゴザマース!(さわやか)>

(いや、あなたの方がはやいよ?w)
と思いつつ、途中まで一緒に(勝手に後ろついて行っただけ)登らせていただきました。
目の前に人がいる安心感って、素敵!(*´ω`*)

<高くなるにつれ、景色も素晴らしくなってきます>

いや~、絶景絶景。これは足を止めずにはいられません。
決して疲れているわけではないのです(白目)。

<ついに・・・>


明確にそう書いてあるわけではないですが、この電波塔のあるあたりが金山山頂になります。
写真撮影と交差点での車待ちを除く、「ガチでキツい」という理由での足つきは2回でした。

…正直、山頂感薄かったので(w)、そそくさと山の裏側からダウンヒル。

<絶景のごほうび!!>


枯れつつあるとはいえまだまだ健在の紅葉、
コンクリートをキャンバスにした苔のアートなど、
芸術作品の中に飛び込み、走り抜けていくかのような感覚はまさに感動!

…ただし、クッソ寒いですww

登っている間(キツいことはキツいけど、次に来たら足つきなしでも普通に登れそうやな)
とか思っていたのですが、下っているときにすぐ気づきました。

「こっちのルート、上から眺めるだけで震えそうなくらいの斜度なんですけど!?」

平均斜度7%、最大斜度13%超えの裏側ルート、
こちらを指してみんなキツいって言ってたわけですね。
下るだけで恐怖感を感じるこの斜度、登ってくるなんて・・・

正気の沙汰じゃねーわ(褒め言葉)!!!


【田村文宏のうつわ展『roots』】
久しぶりにアートスペース油亀さんへ向かい、
渋い色合いのうつわが、チラシで気になっていた田村文宏さんの個展を見てきました。
ネタバレ防止のため、写真は少な目でお届けします!








黒褐釉による深い黒、マットな質感が魅力の壷や皿、
植物灰の優しい色合いが料理映えしそうな器の数々など、
奇をてらわず、生活に寄り添うような形と色がすごく良かったです。

<油亀さんといえば、コーヒーも忘れてはいけません!>



田村文宏さんにゆかりのあるアジアの国々の豆を、小西珈琲さんが焙煎されています。
浅煎りのマンデリンや、タイ・チェンライなど、中々見かけない珍しい豆もあるので、
珈琲目当てにふらっと立ち寄るのも面白いかも!

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[12/13 まいね]
[12/12 K.K]
[11/20 まいね]
[11/20 K.K]
[10/10 K.K]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。