まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【岡山観光】グルメライドになるはずだった。

毎度アタシが言うもんだから「もういいよ!」ってお客さんもいらっしゃるでしょうけどね、
どうにもローディってのは、不思議な生き物でございます。
普通の人なら目的地があって、そこに徒歩だ、車だって手段を使って到達する訳ですけど、
ローディはまず自転車に乗るっていう”手段が目的”なんですね。だから、
「今日は前回走った距離を超えて、130Km走るぞ!
 …それじゃあ、130Km走っていける場所はっと…」
ってなもんでね、目的地が後からついてきちゃう。へんちくりんなもんですよ。

岡山県のとある場所に、まいねっていうバカローディ…
…おっと、ローディがバカって言っちゃ言葉が重複してらぁね(笑)、
まいねっていうローディの端くれがおりまして、ご多聞に漏れず
「今日は前回走った距離を超えて、130Km走るぞ!
 …それじゃあ、130Km走っていける場所はっと…」
とやりだした。それで決めたこの道ってのが…中々に大変でしたようで。

宜しければこちらもどうぞ
今回のライドの地図(Strava)



今回のライド概要(理想。現実とは大きく違います)
以前のライドで走った120Kmを超え、今度は130Kmを走破しようと決心。
テレビで見た鏡野町名物の、ジビエをふんだんに詰め込んだ”やま弁”に心惹かれ、
これを食べに行って、ピストン(行った道をそのまま戻る)しつつ、
以前から気になっていたモンターギュさんに行ってみよう!というライドになるはずでした。

まず、前日のルート作成の時からミスがあったんです。
県北方面に行くとき、ルート作成ツールでは岡山北バイパスを通そうとする(道が大きいから?)
ので、いつもは岡山街道方面に修正してたんですがこれを忘れており、
気付いて自分で進む道変えれば良いのに(ええいままよ)とそのまま突撃し、
相変わらずの大型車の飛ばしっぷりにすっかりビビり、しばらくは大型車が近付くたびに
ハンドルがふらつく有様w

その後しばらくして持ちなおし、まいねのライドの最北端である建部を過ぎ、
川の写真など撮りつつまったりライド。


ここで唐突に、岡山(個人的に)難読地名クイズ!(´A`)b
1.これは何と読むでしょうか?「全間」

正解は記事の最後で!

それからさらに走りスタートから45Kmほど。続けざまに(個人的に)難読地名クイズ!
2.これは何と読むでしょうか?「久米南町」

正解は…すぐ後に出てきちゃいますw

久米南には道の駅もあるということで、休憩していくことにしました。

<えっ…かっ…!?>

やたらデカいし!wあとその手何なん!?ファイティングポーズか?ww
どうやら久米南はカッパ推しらしく、道の駅内にたくさんのカッパがいました。

<ポーズに気合入ってるのにこのユルさよw>

<…いっぱいちゅき☆>

<うおー、超めんこい(日本語訳:可愛い)!天使か!!>


久米南の駅長さんは割とはっちゃけた(!?)人らしく、
この道の駅を盛り立てるべく、精力的に活動されていらっしゃるようでした。
ものすごく愛が伝わってきて、ほんわかした気分になる道の駅でしたよ。

さて、目的地まではまだ20Kmほどあります。
ゆっくりしたいのは山々ですが、走りだします!('ω')ノ

目的地まであと数キロというところで、ミンちゃん(ウチのGARMINの名前)のむずかりが。
「マスター、こっちですよ?」
「ん…って、めっさ中国道やん!?ジテンシャ、ミドリカンバン、ダメ」
「いや、でもこっちですよ~ぅ(-"-)」
今になって思えば、ミンちゃんを信じてみても良かったのかもしれません。
#中国道に入るわけではなく、別の道に進むかもしれない。GARMINの地図の縮尺的に
#狭い範囲しか見えないので、パッと見は中国道に入るようにしか見えなかった。
”オフコース”のアラームを出し続けるミンちゃんを無視し、
ケータイナビで何度も足を止めて確認しながら進みます。

<県北普通に雪あるし!!w>

岡山は北と南で気候が全然違うと言いますが、肌をもって知りました。。
…あー寒い、腹減ったよぅ!

<とうちゃこ!>

やま弁が食べられる個所は数か所あるのですが、岡山側から一番近いと思われるのが
こちらの夢広場さん。時刻は既に13時前…やま弁、あるかっ…?

<だ め で し た>

もう普通に「ふえぇぇぇ」って声が出ましたわ!w
本日はお祭りがあるらしく、行楽弁当代わり?として、
いつになく早く売り切れたんだそうです。…俺の分残してくれてても(言いがかり)。
奥津温泉郷の方なんかにもあるんですが、既に70Km走り、お腹ペコペコの状態で
そこまで行けるとは到底思えなかったので、今回はしょうがなく諦めることに。
お土産を購入しつつ、併設されている食堂でランチにします。

<しょうが焼き定食>

しょうがなく諦めただけに…ね(遠い目)。

ちょっと厚め、大き目のロース肉が3枚。たっぷり玉ねぎと甘辛い生姜ソースが掛かってます。
ホールのお姉さんの人懐っこい笑顔、いかにも大衆食堂の料理って絵面、
この雰囲気もまたいいもんですよね。
しょうがのパワーで、寒さで縮こまってた足の指にも血が滾ってくるようでした。
あっという間に平らげ、ごちそうさま('ω')ノ
…あ、因みに、ぶ厚めのお肉より、うっすいお肉が
わさっと入ったしょうが焼きの方が好き派です(急に何)。

エネルギー補充したところで、岡山に戻ります。
うっすら日が差し、気温も高くなって走りやすそう…だったんですが、
帰り道は、そこまで強いわけではないですが向かい風が多く、
そこまで斜度がきついわけではないですが1~2%の、
”回しても何か進まないので上り坂と分かる”程度の微妙な上り坂で脚を削られます。
思わず口に出る
「と お い 。」
…そんなん出発前から分かってたんですけどねw

どうにか久米南の道の駅に到着し、すかさず休憩。

<ホットゆずジンジャーと、窓からのマウンテンビューの贅沢なおやつ>


ここでケータイを取り出し、ナビ画面を見ていると…
「あら、岡山まで最短ルートで帰れる道があるじゃん」
そのままピストンするなら、少し西側にある建部を通って行くルートもありますが、
久米南からまっすぐ南下し、金川駅付近の橋で建部ルートと合流する道があります。
若干登りもあるようですが、
(まぁ最近よく登ってるし、問題ないっしょ!!)
これが最大の誤算でした。

<地獄へようこそ…フェフェフェ>


ここでまた(個人的に)難読地名クイズ!
3.これは何と読むでしょうか?「小鎌」
4.もいっちょおまけに「上二ケ」

トンネルを抜けるとそこは

<クソ坂でした(白目)>




1枚目のあぜ道みたいなところが一番斜度がきつくて、最終的に20%後半だったのではと思う
(ミンちゃんのオフコース警告により斜度確認できず)ですが、舗装されているところは
10~13%ほど。楽勝とは言いませんが、インナーローで踏ん張りつつ
写真撮っていられるくらいの余裕はありました。4枚目の写真を撮っている頃までは。。

このあたりになると、走行距離100Km近くになっており、足が大分削られています。
時刻は16時過ぎ。下手をすると、山の中で夜になりかねません。
まいねはナイトライドの経験が少なく、ましてや山の中なんて初めてなので
「いや、ダメダメ。夜になったら走れる気がしねぇ」
しかもこのあたり、道の整備がされておらず、落ち葉は散乱、
道路は濡れてる上に苔が生えている個所もあり、
ちょっとミスったら谷底に”アイキャンフライ”しそうなポイントが目白押しです。
#因みにここ、サイクリングコースに指定されているらしいのですが…ヤバくね?
#スピード出さなきゃ安全って言っても、危ない場所を走らないのが安全の第一歩だと思う。。

山の上には民家もちらほらあるのですが、正直人の気配が一切しないほど静まり返っており
(お住まいの方、ゴメンナサイ)、不気味さを感じてきました。更にたまに見かける標識には
”平岡”、”峠(見たらわかるよ!w)”、”小鎌”、”上二ケ”・・・

「全ッ然聞いたこともねぇし!どこだよここ!?」

もうほとんどパニック状態ですね。
こうなると、地図もまともに見れないので(そうでなくても見れないのに)ナビの道を外れ、
下り坂を登り返してまた脚が削れ、時間が経つことで焦りが増し…という悪循環です。

ほとんど泣きそうになりながらやっほーいと下ってきた坂を登り返し、大きな道に出て、
石上布都魂神社(いそのかみふつのみたまじんじゃ…由緒ある神社なんだろうけど、
立ち寄る気にならず…)を過ぎたあたりで、ようやく人とすれ違うようになり、
建部に行くときにいつも通る、金川に差し掛かったあたりでは
(道を知ってるってだけで…こんなに心強いものか!!)
って思うくらい力が湧いてきて、35Km/h巡航くらいになってましたww
ロードって本当にメンタルのスポーツなんですねぇ(。-`ω-)<うむ

家に着き、お風呂で身体を温め、ストレッチをしてやっと人心地。
買ってきたお土産で晩御飯にしました。
<鏡野やま弁クラブ”ののもん”さんのジビエ缶詰セット!>


”ののもん”とは”野の物”。岡山方言で大地の恵みを表現しており、
ジビエと通ずる精神があります。
しかしジビエが缶詰で食べられるとは…良い時代ですなぁ(*´ω`*)

まずはシカ肉のす梅味噌煮から。す梅とは、日本梅の原種だそうな。
ほんのり果実香、酸味の利いた味噌でシカ肉を煮込んでいます。
クセは…ちょっとあるかも。後味に缶詰の金属臭も少し。
パクパク食べるものというより、珍味としてお酒のアテにチビチビ食べると良さそう。
〆はこの味噌を付けて焼きおにぎりとか?
そいつにねぎとか海苔とか散らして焼き茶漬けも美味しそう。
・・・パンを買ったのを少し後悔しましたw

そしてシカ肉ソーセージのシュークルート。これすっごい美味しい!!
シュークルートは、ザワークラウトを使ったフランス料理で、
ソーセージにザワクラ、香味野菜などを煮込んだスープです。
シカ肉自体が(クセは少しあるけど)淡白ですし、ソーセージを煮込むと
旨みが流れてしまいますけど、ザワクラ自体が旨み成分の爆弾みたいなモン(!)なので、
上手く支え合っています。このスープが野菜たちにもしっかり染みこんでいて…
やはり缶詰の金属臭が後味にあるのだけが残念ですけど、それでも
「これが缶詰レベルかっ!?」
と言えるほどの美味しさでした。これは今後も見かけたらリピしたいくらいです(*´ω,`*)


まいねは青森から各地を転々として、今岡山にいるわけですが、
いい加減落ち着きたいという想いもありつつ(w)、知らない場所を旅するのが好きです。
旅をすることの一番の価値は
”自分を全く知らない人が、自分をどう思っているのか生の反応が見られること”
だと思っており、そして旅を有意義にするために必要なのは
”その反応を受け止める覚悟を持つこと”
だと思うのです。
今日のライドで感じたのは、人だけでなく場所から教わることもあるのかも、ってこと。
結果的には無事に、暗くなる前に山から抜け出せましたが、
あの山々に
「おめぇ、ちっちぇ~くせに、なにイキっとるん!?」
と言われたような気がしたのです。地図も読めないくせに地図に逆らい、
100Kmライドが出来るようになったかと思えば調子づいて距離を伸ばし、山までコースに入れ、
ナイトライドの練習もしていないのに、日が沈みそうな時刻に知らない場所に行き…
(驕ってたなぁ…)
と、心底思いました。

まぁそれにつけても…小鎌、上二ケ方面にはもう行きません(トラウマ)!(;O;)



岡山(個人的に)難読地名クイズの答え
1.「全間」・・・またま。標識のローマ字表記を見て「またま!?」って声が出たw
2.「久米南町」・・・くめなんちょう。”みなみ”じゃないのね。
3.「小鎌」・・・おがも。雪が降る~♪ ←それはアダモ
4.「上二ケ」・・・かみにか。小学生の時に弾いたね ←ピアニカだね。

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[06/13 まいね]
[06/13 dsk]
[06/07 まいね]
[06/07 三つ葉のクローバー]
[06/06 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。