まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【岡山観光】まいねの『登坂おすえ!第2回』

『登坂おすえ!』まさかの先週に引き続いての第2回となります。
坂道見つけたらとにかく登る…アホみたいな企画ですが、
目的地に縛られずに自由に走るってやっぱり楽しいですからね。仕方ないね!w

本企画のルール(ってほどでもないけど)は以下のとおり。
・激坂を見かけたらとりあえず登る。
 (どう見ても人の家や会社の敷地っぽいな…ってところは流石に避ける)。
・坂の名前は周辺のランドマークを基に、まいねが勝手に命名。
・下りは法定速度遵守。押し歩きも辞さない!
・斜度はGARMINの表示値、Strava、体感を基に判定。つまりはご参考程度。

宜しければこちらもどうぞ
<第1回第3回


【宍甘遊園地坂:最大斜度22%】

”宍甘”と書いて”しじかい”と読みます。…これは読めませんわ。。
遊園地と言ってもこの地域の公園のようなもので、写真にある目の前のそれも
遊園地の一部かもしれませんが、本体?は坂の上にあります。
もうね…見た瞬間(このジグザグはやべぇ)と、ワクワクが止まりません(歓喜)!!

早速登ってみたところ…坂の途中にある急斜度の急カーブでバランスを崩しそうになり、
転びそうになる恐怖感で一度足着きをしてしまいました。。
畏敬の念を込めつつ「岡山のラグナ・セカ」と名付けてしまったポイントがこちら。

<ラグナ・セカ名物の”コークスクリュー”!>


このエグい左カーブよ!思わず
「これ(道路造った人)やっちゃったなぁ!!ww」
って声出して笑っちゃいましたよ( *´艸`)
これでも斜度は22~3%らしいです。体感的には25%くらいありそうなんですが、
キツいところが一瞬すぎて計測できないのかも。

平均斜度15%は超えてそうなこの坂道ですが、坂の上には家族連れや、
犬の散歩中のおじさんなど、(こんなところ誰もおらんやろ!?)と思っていただけに
意外と賑わっていました。というのも・・・

<意外な絶景!!>


標高64mほどですが街を見渡せ、しかも新幹線の線路の真上という穴場スポット!
…ということを2枚目の残念な写真を撮った時に気付いたのですがw
新幹線が「ブッフォワツ!!」と物凄い音を出して、トンネルを抜けてくるのを
間近で見ることができ、しばらくベンチに座ってるだけでも楽しめそうなほどです。
激坂と新幹線が好きな方(いるのか?)にはぜひおススメしたい場所です(。-`ω-)b

因みに景色も登坂も楽しすぎて、1回下りてから再チャレンジしました(変態)。
2回目で無事足着きなしクリア!距離は短いので、フレッシュな脚ならダンシングで
勢いで登れちゃうかと思います。


【明王寺坂:最大斜度25%】


まいねの激坂チャレンジ原点であり、絶対的な存在。
チャレンジ当初は、登ってる途中でもヘロヘロで”極楽坂”なんて呼んだりしてましたが、
今や途中で足着きするようなことはないですし、
1枚くらいならギアを重くしても登りきることができます。
それでも何度も挑みたくなるため、親しみを込めて”明王寺先生”とも(勝手に)呼んでいます。

「では弟子よ、そろそろアウターで…」
「バカは休み休み言ってください先生。」

ちょっと見づらいですが、写真1枚目、左側看板奥の林に入っていく形で、
山の上のお寺のまで一気に登るのが、まいねが度々ブログ記事にしている激坂です。

最大斜度は25%を超えてそうな気がしますが、正直そんなもの確認してる余裕はありませんw

<だってこんなですもの>

緩斜度も挟むとはいえ20%程度の坂を登ってきた先の、
(あとちょっと…なのに…この壁みたいなの、登れるのかっ!?)
と思うような、この最後のキツさ!何度も心をもっきり折られたものです。。

しかしここを登ると雰囲気の良いお寺と、中々の絶景が待っています!

<天気が良いとまた格別!>




一株の梅が、何とも良い雰囲気を醸していました(*´ω`*)

<とはいえ上から見ると>

何度見ても脚がすくみます…


「でもこんな短い距離じゃ、坂ってより”段差”だよww」
という変態豚野郎の皆様(急に罵っていくスタイル)、ご安心ください。
1枚目の写真で看板と看板の間を通り、お寺の前を過ぎて小鳥の森方面まで走っていく
ロングコースもありますよ!

<ナメてると意外と長い>


300mほどですかね。めっちゃ長いわけでもないけど、
初心者が勢いだけで登りきるにはちょっと無理のある距離。最大斜度は20%ほど。
キツいところは一瞬ですが、ひたすら我慢して登る、総合力が問われそうです。

【ちょっと寄り道、竹原神社】


<あー、俺もこんな美少女に洗ってもらいてぇなぁ>


<まずは心を洗え。。>

穢れは落ちませんでしたが、綺麗にオチたところで(!?)おしまいです。

さぁ、次はアナタの町の坂をまいねが走っているかもしれない…(*´з`)~♪

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[06/13 まいね]
[06/13 dsk]
[06/07 まいね]
[06/07 三つ葉のクローバー]
[06/06 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。