まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【鳥取・島根観光】秋を待たずに2018~ランドヌールへの道・前編~

まいねのランドヌールへの道、ブルベが始まる前~スタート前日までの様子です。

宜しければこちらもどうぞ
プロローグ後編


【ブルベ前日までの準備とネガティブ要素】
今回のブルベを迎えるにあたり、自分なりに色々な準備を行ってきました。
マゾいライドはもちろん、普段の生活でもつま先立ちで階段を上るなどの
トレーニングをしつつ、大きな要素として…

<ブレーキ変更!>

まいねのコンポーネント(ブレーキや変速機などの総称)は
ShimanoのTiagraという割と下位のシリーズではありますが、
レースに興味がなく、ロングライドが好きな人にとってはコストパフォーマンスに優れた、
良いコンポ(だと個人的には思う)です。ただ、一つ有名な欠点がありまして・・・
ブレーキの利きが甘すぎるんです。
どんなブレーキであっても、思い切り握り込めばどこかでタイヤがロックしちゃうんですが、
Tiagraの制動力ではロックするまでの範囲でシューっと滑って(握り込みの強さに比例して
ブレーキの利きが強くなる感覚が少ない感じ)、あれ、まだ止まれないの!?
と握り込んだらロックしてしまうという危険が潜んでいました。
スピードが出るロードバイクにおいて、この欠点は自分も他人もけがの元になるので
いつかは変えたいなと思っていましたが、このブルベを機に
ブレーキだけ105(1ランク上)に交換しました。
使ってみると、やはり握り込みに応じてちゃんと利きが強くなる感じがあり
安心感が増しました。特に下りの時は段違いです!

…あと、シルバーのコンポって使ってる人少ないので目立ちますし!w

ただ、ネガティブ要素(言い訳とも言う)も多々ありました。
・5か月目に突入した残業100時間越え、睡眠時間3時間未満。
・カーボローディング失敗
・200Kmブルベの設定時間は13時間30分であるものの、輪行で帰る都合上
 1時間は早くゴールしないと最終電車(18時30分ぐらい)を逃し、岡山に帰ることができない。

カーボローディングというのが耳慣れない方もいらっしゃると思いますが、
レース3日前くらいから筋肉の中に、エネルギーの基となるグリコーゲンをたっぷり蓄える
すなわち、炭水化物をガンガン摂るという食事法です(肉とか魚とかおかず不要!)。
これにより、高い持久力が必要とされる競技において、
ガス欠が起こりにくくなるとされています。
ただ…”エネルギーを蓄えられる”ならば有効なのですが、胃腸の機能低下などにより
エネルギーを蓄えられないときカーボローディングが破たんします。
まいねのように異常な労働環境下にあり、さらにブルベの緊張のせいか10日前くらいから
下痢が止まらなくなったりすると…\(^o^)/<オワタ


【ブルベ前日 前乗り、境港観光】
ブルベは4時集合、5時スタート(!)なので車を持たないまいねは前乗りするしかなく、
緊張、不安、ハイテンションがないまぜになったワケ分からん状態(!?)で、
輪行により岡山から鳥取に向かいます。
米子駅に到着し、境港方面に向かう境線に乗り換えるのですが、さすがは鬼太郎推しの境港。
駅も電車も鬼太郎一色に染まっていました!

<(多分)珍しい0番乗り場が、非日常感を醸し出します>





個人的に妖怪オブジェのイチオシはしにがみでした。雨風に打たれて色あせてきた風合いが、
しにがみの雰囲気をよく出してますね~。

<ネコムスメカワイイヤッター>





座席まで猫娘!猫娘大好きのまいねとしては俄然テンションが高まります!!ww
#個人的にとびかかる寸前の m(Φ、 Φm) のやつが一番好き!
…しかし、前からこんな欲求不満のOLみたいな身体(!?)やったっけ?

猫娘電車に揺られつつ、目的地の中浜駅に到着。境線はそれぞれの駅に妖怪名が付いてまして

<牛鬼怖ぇぇぇ!!>

…すねこすりも気になる(でもすねをこすられると死んじゃうんだっけ?ゾゾーっ)
全駅制覇してみたいですね。

自転車担ぎつつ1Km弱歩いて、宿にとうちゃこ。

<正妻(チャリ)をホテルで休ませつつ…>


<愛人(チャリ)とデェト>

自転車を組み直すのが面倒なので、ホテルのレンタサイクルで周辺散策に行きました。

<桜シーズン真っ盛り(*´ω`*)>

<見事な白砂青松!d(*'ω'*)b>






LINEを送った人皆に「鳥取砂丘行ったの?」と聞かれましたが、普通のビーチですw
でも、真っ白サラサラな砂と青い海と松の木のコントラストが非常に素晴らしく、
いつまでも眺めていたい景色です。環境保全してくれている方々に感謝ですね!

<これにはまいねさんもグッせざるを得ない!!>

十数回撮りなおししており、後半はだんだん笑えてきて変なテンションになりましたw

さて、程よくお腹も空いてきましたし鳥取名物のアレでも食べに行きましょう!

【勝負メシ すし若さんで回転ずし!】
<お店情報は食べログより抜粋>
お魚天国 すし若 竹内団地2号店
住所:鳥取県境港市竹内団地81-4
電話:0859-45-9800
営業時間:[月~金]11:00~22:00[土・日・祝]10:00~22:00
     オーダーストップ 21:30、入店 21:00頃まで
     カード支払い受付は 21:30まで

定休日:年中無休

鳥取と言えば上質の海産物が獲れ、回転ずしもそんじょそこらとはレベルが違うことで有名。
ということで、ホテル近くにあるすし若さんでディナーにすることにしました。
(とはいえ、言うても回るすしでしょ?)
とうっすら思っていたのですが・・・

<白バイ貝、境港産銀鮭、鯵>

最初の白バイ貝を食べた時点で、疑念は星の彼方へかっ飛ばされます。

めちゃくちゃ美味ぇぇぇ!!

歯触りの楽しいコリコリ食感、嫌な磯臭さもなく何個でも食べられそうなバイ貝。
程良く身が締まりつつ、それでいて舌に纏わりつくような食感と、程良い脂が絶妙な銀鮭、
濃厚な旨み、若干骨はあるものの、見事に骨切りしてある回らないすしレベルの鯵!

最初のオーダーからレベルの高さを見せつけられ、食欲が爆発です!

<くじら皮、中トロ、真鯛、いわし>

くじら皮は実家で冬に食べていました。干し菜なんかと一緒に味噌汁に入れて、
寒い冬を乗り切るための知恵なんですが…脂っこいし、
黒い部分も付いていて割と生臭く、子供の時は正直好きではありませんでした。
でもお店で食べると生臭くないし、程よい弾力を持った脂とすし飯が口の中で合わさって、
バターやラードより健康的な脂めしって感じなんですね。美味かった~(*´▽`*)
中トロも真鯛も旨かったですが、個人的にはいわしがイチオシ!
何とも言えない旨みがたっぷり、ガツンときて悶絶級の旨さでしたよ。

<西貝、たこ、やりいかゲソ>

ここで食感豊かなトリオ!
どれもコリコリと歯と口の中を楽しませてくれましたが、やはり西貝ですねぇ。
臭みはなく、噛めば噛むほど溢れ出る出汁の旨みが最高でした!

<あんこう唐揚げ、のどぐろ炙り>

(こうなりゃ一品も何か食べておきたい…)
と注文したのは、あんこうの唐揚げ。プリプリしつつもホクホク、上品な白身の味は
たまりませんね!次の日がライドイベントじゃなきゃ、これで一杯やりたいところです(-"-)
冷めると食感も味も落ちるので、出てきた瞬間に親の仇のように食うのが良さそう!w

皮目の香ばしさ、程よい脂ののり。旬じゃなくてもこの旨さは、流石のどぐろですね!

そして最後にスペシャルなにぎり…

<松葉ガニ>

あぁもう、こんな贅沢しちゃっていいんでしょうかいいんです(食い気味)!

程良い柔らかさの身、舌に触れた瞬間に甘味が広がって、
気のせいか他よりちょっと酢を利かせたシャリと混ざり合っていき、より甘味を増して…

ε=(゚∀゚#)<ムハー!ウメー!!

〆に赤だしをいただき、この日のお会計…2,440円(CV:トーカドー北社長)。
この味でこの安さかよ(驚天動地)!
…鳥取の方、岡山の回転ずし10店ぐらいあげるから、1店こっちにくれない?w

大満足のディナーでした!


<腹ごなしに夕暮れのビーチを散歩>




(よし・・・ちゃんと喰うた分は消費しよ。。)


<この後めちゃめちゃライド(物理)した>


…えーと、後半ではちゃんと走ります(汗)wお楽しみに!

拍手[2回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[04/18 まいね]
[04/18 GOH]
[04/05 まいね]
[04/05 ぴよちゃん]
[03/09 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。