まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【読書】疋田智、小林成基『新・自転車”道交法”BOOK』


『新・自転車”道交法”BOOK』
疋田智、小林成基 著(初版:2017年5月)
枻(えい)出版社

※以降、ネタバレを含むかもしれないのでご注意ください。


「自転車が車道を”通れるようになって”、危ないしぶっちゃけ邪魔なんだよね…」
「自転車も歩道を”走れる”とはいえ、スピード出されちゃうとちょっとね…」
歩行者からもドライバーからも邪魔にされ、口をもごもごさせながら
肩身の狭い思いをしているチャリダーも多いのではないでしょうか。
実走はもちろん、こういったときにも役立つのは「正しい知識」。
自転車活用推進法に詳しい著者たちが、ケーススタディを交えて解説する自転車の新常識!


まず1点、まいねが語るまでもなくこの本を読むだけで
”交通安全が確保される”ものではありません。
道路上には自転車だけでなく歩行者、自動車などの色々なアクターが存在し、
自転車”だけ”がルールを守れば良いというものだけではないから。

それでもこの本を読む意味があるのは、以下の3つに集約される気がしました。
➀交通安全を確保する上での、”流れ”、”暗黙の了解”、”思いやり”といった
 (誤解を恐れず言えば)ルール違反をするにしても、
 正しい知識を持った上でするのとそうでないのとでは、振る舞いが違うであろうから。
②交通ルールについてのこれまでのおぼろげな知識は、かなり間違っていたという
 気付きを与えてくれる。
③自転車自身だけでなく、周辺のことについても気付きを与えてくれる。

ケーススタディですので、具体例が上がっていて分かりやすい反面
網羅性に若干の不安がある一冊ではありますが、
つい先日、自転車に乗りつつスマホを見ていた子が
死亡事故を起こしてしまったのは記憶に新しいところですし、
この機会にルールを勉強し直し、正しい・新しい知識を得た上で
余裕を持った振る舞いができるようになりたいものです。

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[07/01 まいね]
[06/29 三つ葉のクローバー]
[06/13 まいね]
[06/13 dsk]
[06/07 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。