まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【ボドゲ】第3回まいね主催ボードゲーム会

12/9(土)、まいね主催イベント三部作最終章にして今年の締めくくり…にして、
ケイン土日三部作の2つ目である、ボードゲーム会を開催しました。
素敵な場所と、美味しいお料理を提供してくれるのは我らが OURSONさん。
シェフと、参加者の皆様のおかげで今回も無事に楽しくイベントを終えることができました!
この場を借りてお礼申し上げますm(__)m

<早くみんな来ないかなwktk>


宜しければこちらもどうぞ
<(イベント三部作第2回)第1回キッチンドランカー友の会
<(ケイン土日三部作第1回)GARMIN EDGE 820J


今回の参加者は4名。主催者のまいね、グルメ仲間のだいちゃん
ゲーム会の度にわざわざ兵庫からお越し下さる、店長さん、こっぺさんの4名です。

<COMPLETTO>

店長さん、こっぺさんは少し遅れての到着ということで、
まずは COMPLETTOで頭の体操(以前の記事でルール解説しているので割愛)。
「自分が持ってるゲームは何故か勝てない」
はボドゲあるあるだと思いますが(だよね?)、この日はまいねの引きがかなり良く、
しっかり勝たせていただきましたw

そうこうしているうちに店長さん、こっぺさんが到着。
まずはゲームを並べて記念撮影パチリ。
<相変わらずすごい量!w>


この中から最初に遊んだのは・・・

<ヒト+イロ(ヒトトイロ)>

複数人のプレイヤーが色の書かれた手札を持ち(各プレイヤーは同じ色を持っています)、
各プレイヤーが順番にお題カードをめくってそれに対して答えをしゃべり、
その答えから連想される色を全員が手札から場に伏せて出して、これを5回繰り返します。
#ただし、答えの中に色の名前が入っているのはNG。
最終的に全員の色を開き、揃えばやったねバンザイ!という
協力系コミュニケーションゲームです。
簡単なお題でも意外と合わなかったりして、例えば
 お題:つぶつぶしたもの
 問題:イクラ
 みんながイメージした色:オレンジ、赤、茶色
こんな感じ。世代が違ったり出身が違ったりで
イメージする色が違うので、結構会話が盛り上がります!
これは1回でルールがすぐ飲み込める、シンプルで良いゲームですね~。

おっと、お料理も来ました…食べながら遊びましょ♪(*´ω`*)

<大人気のシーザーサラダ、前菜盛り合わせ>



一度だけ全員の色がすべて揃ったのですが、お料理の中に三角形でカレー味の揚げ物があり、
だいちゃんの
「あ、これうまいんすよ!この…何ていうか…ポリンキーみたいなの」
という答えには、だいちゃん以外一斉に
「いや、ポリンキーは違うだろ」
と反対させていただきましたw全員の心が揃うって、難しいね。。

<シシャモのフライ?、サルシッチャとザワークラウト>

ねぇねぇ、このザワークラウト作ったの俺なんよ(うぜぇ)?

まいねがサルシッチャを切り分けるとき、何故か5等分にしようとしてしまい、
「じゃあヒトトイロの貢献度で大きさを決めよう!」
…まいね以外何も言わなくとも(ってか自己申告)まいねのが一番小さい奴でした(;O;)
必要悪がいると、案外全員の心を揃えるって簡単だね。。

<デミグラスソースのカツレツ、ピザ>


優しいデミグラとジューシーなカツ、アッツアツのピザを食べて大分お腹も膨れてきました。
そろそろ、”楽しい”ケーキと行きましょう。

<もっとホイップを>


このビックリするほど美味しそうでないパッケージがアレですが(!?)、
これまたシンプルで奥深いゲームです。

一山でホールケーキとなるカードが裏向きに4山並べられていて、
親はその中から一つ選び、表向きにしながら場にホールケーキを作ります。
これを好きなように4つに分けたらゲーム開始。
親の左隣の人から、分けられたケーキのうちどれかを選び、
ピース1つずつストックするか、食べるかを決めていきます。
点数計算ではある種類のケーキをストックした枚数が場で一番多い人が、
そのケーキにかかれた数字分の点数を取得します。
食べたケーキについては、そのケーキについているホイップクリームの数だけ
点数を取得します。
これを親を変えながら4回繰り返して1ラウンド終了…という流れ。
本当にシンプルですが、親の切り分け方のセンスや、ストックする/食べることにより
意外と奥深い戦略性が生まれています。
…あとは美味しそうな絵だったらねぇ(まだ言ってる)。。

<ポッポッポテトをつまみつつ・・・>


<ポチョンク(汽車は進むよ)>



ポッポー!!>\(^o^)/

小っちゃな列車を、自分の組んだパネルの上でちょこまか走らせるのが楽しいポチョンク。
線路が書かれたタイルを1枚ずつ表向きにして自分のフィールドに敷き詰めていき、
4色の列車がぶつからないよう、駅まで到達させるのが目的です。
1タイル走るごとにボーナス点も入るので、早く着くことも大事だけど、
長く走ることも大事というジレンマが中々面白いです。
あと、個人的には点数パネルのゆる~い絵柄が大好きですw

<バルーンチャレンジ>


まいね所持ゲームなのですが、今まで一人シミュレートしかしていなかったので
このゲームがこんなに面白かっただなんて知りませんでした…('◇')ゞ

カワイイねこちゃんと王子、そして
白、水色、青、黄、赤、黒の6色で数字が書かれたカードが各自に配られ、
この”数字の合計”が風船に空気を詰める数となります。
各プレイヤーは順番に好きなカードを場に出して行き、
”場に出ているカードの枚数”が風船の容量となります。
他プレイヤーが出すカードの枚数を予想しながら、
そろそろいいかなと思ったらドロップします。
全員がドロップした時点で空気を詰める数が、風船の容量以内であればOKですが、
超えると割れてしまい0点です。

他にも、1枚も場にカードを出さずにドロップしたときや、
1枚以上カードを出した後で最初にドロップしたとき、
黒以外について、同じ色のカードの3枚目を出したとき、
空気を詰める数と容量がピッタリ一致したときにもらえるボーナスなどを加味しながら
点数を競います。
数字のフォントとか色が見難いという欠点はありますが、
それを補って余りある可愛いイラストと、熱い駆け引きが面白いゲームです。

熱い駆け引きをしていたらお肉が食べたくなったので、コースとは別に追加注文。

<牛タンステーキ わさび野沢菜添え>

うむ、肉はいいねぇ…(。-`ω-)<リリンが生み出した何ちゃらかんちゃら

<万猫の豊明かり(写真なし)>
まいねがいつも一人でやっている(泣)ゲームを、
せっかくだからみんなでやってみようというお慈悲をいただき、
万猫の豊明かり(初心者ルール)をプレイ。詳細は以前紹介したので割愛。
…正直、お酒を取りすぎないように魚を集めるだけで、
万カードと烏カードの駆け引きなんかもあるんだけど、全体的に単調という印象。
誰かが20点に到達したら終了というルールにしてたんだけど、
それを待たずにそっとお終いになるのでした。。

そしてこの日最後のゲームは、

<トロイカ>


…正直、時間が少なかったのでルールを把握しきれていなかったのですが(!)、
1枚だけ表向きにして、後はすべて裏向きのパネルを並べた場と、
各自1枚ずつ裏向きの状態(自分だけは確認して、他プレイヤーには非公開)
のパネルを1枚持ってゲーム開始。各プレイヤーは順番に、
まず場にある裏向きのパネルを表向きにした後、
 A.場の表向きのパネルを表向きのまま、自分の目の前に並べる
 B.場の裏向きのパネルを裏向きのまま、自分の手札に加える
 (自分だけ確認し、他には非公開)
 C.自分の手札を裏向きのまま、場に戻す
のうちどれか1つの行動ができます。これをくりかえして、
「帰りの燃料=同じ数字3枚の組」を1つと
「鉱石=連番になっている数字3枚」を1つ以上作ればOKです。
イメージ的にはめっちゃ牌が見えてるマージャン?みたいな感じですかね。
面白さを理解する前にタイムアップになってしまったのが残念ですが、とりあえず
「カードの絵柄が気持ち悪い」
という点において、皆の心が一つになったのは良かったですww


今回も大充実の5時間でした!
師走と言うこともあり人の集まりが良くなかったことは残念ですが、
これはこれで少人数用ゲームをゆっくり遊ぶこともでき、楽しかったですね。
ごはんも鉄板の美味しさですし…あぁ、来なかった人は損してるなぁ(聞こえよがし)!w

これに懲りずに、ぜひ次も開催しようと思います!(。-`ω-)q

拍手[2回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[01/08 まいね]
[01/08 三つ葉のクローバー]
[12/30 まいね]
[12/30 dsk]
[12/29 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。